電子回路設計者のための使えるフリーソフト【2018】

2017年4月1日仕事ハック

電子回路設計者のために、実務で本当に使えるフリーソフトを紹介します。人から聞いたり、使いやすかったり、書籍を参考に探したおすすめフリーソフトです。

こんな人におススメ

  • 仕事で電子回路を設計されている方
  • 大学で電気電子工学を専攻されている方
  • 趣味で電子工作をされている方

電子回路設計関係

LTspice

ANALOGDevices(旧リニアテクノロジー)が無償で提供している回路SIMソフト。手軽に回路simが行え、企業が提供しているソフトのためユーザーも多い。
どんな事ができるのか?
  • DC解析/AC解析
  • モンテカルロ解析
  • Spiceモデルの使用
  • 部品モデルの作成
コメント
簡単な回路の過渡応答をささっと計算させたり、モンテカルロ解析を使うことで公差設計も簡単にできます。また、spiceモデルが使えるため、メーカにモデルを貰って、より忠実なsimが可能になる点もおすすめ。

MAXIMA

Mathematicaと同じ数式処理システム。元々はマサチューセッツ工科大学で開発され、その後、GNU Conmmon Lispに移植。
どんな事ができるのか?
  • 多項式の展開
  • 方程式を解く
  • 微分/積分
  • グラフ化
コメント
回路設計で微分方程式が出てきた際や、複雑な式の展開が必要なときに、部分的に数式を解かせる用途に使用しています。式の変換処理をサポートしてくれるので、式変形したものをEXCELに入れてオートフィルで計算結果を出したりしています。

レポート作成

TeraPad

シンプルなSDIタイプのテキストエディタ。Windows付属メモ帳に対して、\t等によるタブ置換機能が追加されている。
どんな事ができるのか?
  • 行番号、画面分割
  • 強調表示
  • 矩形選択
  • タブ、改行置換
コメント
プログラミング等でガッツリとテキストをいじるのであれば、Atomや秀丸を使用したほうがいいと思いますが、簡単なテキスト処理だけであればこれで十分。必要な機能が過不足なくあって、癖がなくて使いやすいです。

SnapCrab

Sleipnirを出している会社が制作したスクリーンショット撮影ソフトです。
どんな事ができるのか?
  • デュアルディスプレイ対応
  • ホットキー設定
コメント
Windows付属のSnipping Toolも手軽でいいですが、ファイルに一括して保存したい場合にはこういったツールを使ったほうが楽です。また、WinShotでは対応できなかったデュアルディスプレイでのスクリーンショットも可能です。デュアルディスプレイ環境であればおすすめです。

WinShot

パソコン画面の保存・印刷等を行うことができるスクリーンキャプチャソフト。
どんな事ができるのか?
  • 多種多様なホットキー設定
  • 同じ場所のキャプチャ
  • ファイル保存/クリップボード
コメント
少し古いソフトですが、デュアルディスプレイ環境で使わなければおすすめのソフトです。ホットキー別にクリップボード貼付けと、ファイル保存を切り替えられるので効率よく作業ができます。また、同じ場所をキャプチャできるため、ページの同じ箇所をキャプチャする用途に便利です。

図面閲覧

VoiCeFREE

ビューア機能に特化したCADデータ閲覧ソフト。有料ソフト「VoiCe」をベースに作られている。
どんな事ができるのか?
  • 2D DXFデータ読み込み
  • レイヤー管理
コメント
専用CADで見ればいいが、自席でサクッと確認するためにDXFデータのビューアを探していて見つけたソフトです。レイヤーでの表示切り替えもできるため、DXFの内容をサクッと確認するにはちょうどよいです。