ConoHaVPSを使う上ではじめに設定したいこと

2019年3月3日サーバー

ConoHaVPSを使う上で、まず初めに設定しておきたいこと。セキュリティ関係とKUSANAGI Run on Docker関係。

rootユーザーでのSSH禁止

固定ユーザー名のrootでパスワード総当たりされると脆弱性が高いらしい。そりゃユーザー名とパスワードの組み合わせのほうが断然おおいわけですから。

ということで、SSH禁止します。

  1. ターミナルでConoHaに接続し、bashを起動。
  2. $ sudo vi /etc/ssh/sshd_config
  3. 開いた部分の「PermitRootLogin yes」を「PermitRootLogin no」に変更
  4. ここで保存だが、viの使い方がわからなすぎてハマる。抜けれない。
  5. そんなときはESCを何回か押して、一番下が「:」になったらコマンドモードに入れた証拠。コマンドモード状態で「wq」を入力すると、保存して閉じられます。

KUSANAGI Run on Docker

立ち上げまでは簡単にできたのですが、テーマを入れようと思ったらFTP使えないとのこと。コンテナに入ってwp-config.phpに一文追加すればいいとのことですが…

これをやっても「ディレクトリを作成できませんでした。」とのエラーが出て進めず。

docker exec -it kusanagi-data /bin/sh
 
vi /home/kusanagi/kusanagi/wp-config.php
 
//ここの行を追加
define('FS_METHOD', 'direct');

とりあえず一旦休憩します。

【19/09/24追記】KUSANAGI Run on Dockerでローカル環境を構築する方法をまとめました。

DockerでKUSANAGIを使ってWordPress環境を構築する方法