Kinoppy用GoogleDrive本棚

Kindle Unlimited, 仕事ハック

Kindle本とかいろいろな電子書籍を一括して管理したいなーと思って考えたアイデアが「Kinoppy用GoogleDrive本棚」です。

Kinoppy用GoogleDrive本棚

Kinoppyへ同期する際にDropboxを使っていましたが、これだとタイトルだけしか表示されず表紙がわからないので選びづらい。

しかも、Dropboxの容量が少なく、追加しようと思うと1200円/月とかかかってしまう。そこで、GoogleDriveを検討してみた。

GoogleDriveなら100GBで250円/月程度のため、運用コストを下げることができます。ただ、Kinoppy自体はGoogleDriveに対応していないため、GoogleDrive用のラッパーを作って電子書籍ライフを向上させたいと思ったわけです。

この記事を参考にGoogleDriveをいじり、スキャンで表示画像を抽出し、同フォルダにキャッシュし表示させる作戦で行きたいと思います。