docomoからLINEモバイルにMNPしてみました

ガジェット

docomoの2年縛りがちょうど切れたタイミングで、月サポもなくなり、月額使用料が跳ね上がるのが嫌で、格安SIMに変更したときのお話です。

docomoから格安SIMにしようと思った理由

メインの回線を、まさか自分が格安SIMにするなんて思っても見なかったのですが、今回、LINEモバイルに変えてしまいました。自分でも驚いております。

では、なぜ格安SIMにしようと思ったのか?ですが、端末を新規で購入するわけでもなく、月サポの旨味も消えるので、docomoに月々8,000円弱払うのがなんか嫌だからです。これまでは月サポ等で、4,500円くらいでした。ただ、これはこれで月2GBの制約があって、WiFi環境があるものの、なかなか苦しい数字でした。月の半分過ぎたくらいから速度制限がかかるのもザラでした。

なので、今までと同じくらいの利用料で、通信容量を2GB以上にできたらなーと思い、格安SIMを探し始めたわけです。

LINEモバイルを何故選んだのか?

では、なぜLINEモバイルを選んだのか?なのですが、それはもともと思っていたやりたいことにあります。

  • Twitterやインスタをそれなりに使いたい
  • 通信2GBではなく、体感5GBとか欲しい
  • 格安SIMになったからといってLINEのID検索が使えないとか制限が増えるのが嫌だ
  • 電話掛け放題だったため、その感覚で使いたい

こんな感じの要望に対して合致したのがLINEモバイルでした。

LINEモバイルの特徴として、主要SNSのデータ消費がゼロ(定額通信量にカウントされない)プランが有ります。これにすれば、LINEの音声通話をつかってもデータ消費が増えなかったり、Twitterに画像投稿したり、画像をガシガシみてもデータ消費が増えません!これを組み合わせれば少ない通信量プランでも、通信制限がかかりにくくなるスンポーです。

あと、LINEを運営している会社が出すSIMであるメリットとして、LINEの年齢認証をパスし、ID検索が使えるようになります。ID検索を使うかと言われると、そんなに使いませんが、制限が増えるのが嫌だったので、大きなメリットでした。

電話機能としては、月額880円を支払うことで、10分までの電話がかけ放題になるオプションが用意されているのも決め手でした。ちょっとした連絡等で、電話を使う人にとっては、30秒で**円とかの通話料が発生すると地味に痛いです。その為、10分でもかけ放題にできるのは格安SIMでは嬉しいです。

以上より、メインスマホを電話番号そのまま、メインスマホのままでLINEモバイルを使いたかったため、MNPでLINEモバイルに入ることにしました。

MNP手続きでやったこと

MNPでLINEモバイルに移ろうと思った場合にやることは次のとおりです。

  1. MNP番号の取得(ドコモショップに行って、MNP番号ほしいといえばOK)
  2. LINEモバイル申し込み
  3. SIMカードが送られてくるので、端末にセット
  4. WEBにてMNP切り替え処理

1.MNP番号の取得

ドコモショップに行って、MNP番号ほしいといえばOKです。特に問題なく、MNP番号を発行してもらえます。発行だけであれば、お金も発生しません(※他社へのMNPが完了した時点で事務手数料が発生します)

2.LINEモバイル申し込み

LINEモバイル公式サイトで申し込むことができます。自分が使用するスマホのSIMカードサイズを調べて置く必要があります。あとはプランを選択しましょう。

おすすめプランは、「コミュニケーションフリー/音声プラン+データ10GB+10分通話定額」です。データ量は何GBを選択しても、初月無料なので、極力大きいものを選択し、次月から本来必要なデータプランに変更すれば、初月10GBの使いきれなかった分を次月に繰り越せてお得です。

3.SIMカードが送られてくるので、端末にセット

SIMが届いたら、自らSIMを切り取ってスマホにセットしてあげればOKです。各種スマホのSIMのセット方法は「端末名 SIM」等で検索すればすぐに見つかるはずです

4.WEBにてMNP切り替え処理

自分の好きなタイミングでMNPを実施することができます。ただし、SIMが送付されてきてから一定期間以上立つと勝手にMNPが実行されるので、注意が必要です。

LINEモバイルの注意点

LINEモバイルにMNPして概ね満足しているのですが、一部不満点も…

  • お昼時等、一部時間帯においてdocomoのSIMより回線速度が遅い
  • 10分かけ放題を行うためには、電話番号の頭に専用番号をつける、もしくは専用アプリが必要

回線速度について

LINEモバイルはdocomoのMVNOであり、ドコモ回線を使用しているから回線速度も同程度だ!と考えていたのですが、現実はそんなに甘くはなかったです。docomoのSIMとLINEモバイルのSIMを用いて、同じ場所で測定すると、docomo SIMが20Mbpsでるのにたいして、LINEモバイルは1Mbpsとかになりました。今の使い方をする限りではLINEモバイルの速度で十分ですが、なんだか負けた気がしました。

MVNOであるため、LINEモバイルが独自に回線負荷低減のために、制限をかけているのか、はたまたLINEモバイルの設備が弱くて速度が出ないのか…

かけ放題について

docomoは基本パックにかけ放題が付いていて、何時間でもかけ放題だったのですが、LINEモバイルでは10分までに限定されます。docomoと同じ感覚では使えません。ガンガン電話をしたいというのであれば、格安SIMよりドコモ等のキャリアSIMを使っていたほうが良い場合もありそうです。

ただ、そんなに電話しないことに気づいたので10分制限については許容できました。

ただ、実際使ってみると少し使いづらい部分もありました。それは、10分かけ放題をするためには、相手の番号の前に「003545」を付ける必要が有ることです。今までの電話帳に登録された番号に対して、自動で「003545」を追加して発信する専用アプリがあるといえばあるのですが、専用アプリでは着信ができないため、相手からの電話は標準電話アプリで受ける必要が出てきます。

なにげにこの標準アプリと専用アプリを行ったり来たりするのが面倒です。

LINEモバイルを使いたい方へ

LINEモバイルに興味を持たれた方は、下記リンクからもう少し詳しい説明や、利用申請をすることができます。