エロタレストのサイトランク0の戦い方

2019年10月19日ブログ・アフィリエイト

ちょっとだけですが、成果が出てきたのでサイトランク0の戦い方を紹介します。結局の所、記事を確実に回収させることと、着実にエロタレストにinを送ることがポイント。

あと、毎時回収されるようになるとそんなに意味が無い気がするのでサイトランク0、1限定ですかね?そうなると一皮むけた”わかってる人”は興味がない分野であまり要素開発されない分野なのかも。

エロタレストにinを送る

動画のリンクが切れた場合に、「動画が見れない場合は・・・」のリンクでエロタレストに送るのが効果的らしいです。ただ、まだ動画自体のリンク切れはなさそうかな?

Twitter動画投稿。記事を公開したタイミングでTwitterにURLを流して、客を取り込む。これをうまい具合にエロタレストに送るのがポイント。

404ページをエロタレストに送るページに。ここが重要。

動画のタイトルかぶり等でURLを頻繁に変えている+Twitter投稿していると、記事自体へのリンク切れが多くなってしまいます。そこを404ページをカスタマイズすることでin送客に使います。

あと、サイト内の周回をさせるより一度エロタレストに送り返す設計としたいので、カテゴリや過去投稿ページをエロタレストのサイト個別ページに変更したりしています。

Twitter投稿について

Twitterに動画を投稿したときとか、リマインドでTwitterカード付きで投稿してやります。すると、いいね、RTはされませんが、インプレッションとリンク踏みはわりとあります。

なので、見た目のリアクションはなくともやるべし。

動画収集対策

サイトランク0では回収時間がいつかわからん・・・とクローラ時間をいろいろと調べて悶々としておりましたが、解決しました。

その方法は、未回収記事の公開時間を自動アップデートする方法です。WPプラグイン+CRONで実装。さらに遅延回避も織り込んでいるので、回収された配位が遅延ペナを食らうこともなし。

記事の選び方

エロタレストに表示される「人気キーワード」から遅延なく投稿できるものをピックアップしてサクッと記事投入しておきます。

最後に

あとはひたすら記事データを打ち込んでいけば勝手に上がる気がします。