Local by Flywheelでcronを動かす方法

2020年12月28日php, サーバー

WordPressのローカルテスト環境としてLocal by Flywheelを使っている方が多いかと思います。今回はちょっと違う使い方として、php含めたプログラム開発環境として使ってみたときにcronを設定しようと思ったのにcrontabがなかったときの対処法になります。

インストール方法

通常の状態ではLocal by Flywheelにcrontabが入っていないため、インストールから実施する必要があります。

インストールしたいサイトを右クリックして、Open site SSHをクリックします。

そのあと、下記のインストールコマンドを入力すればOKです。

# apt-get update && install cron

これで、crontabが使えるようになりました。

phpを定期実行する場合

phpの絶対パスを記入する必要があるので調べます。上記と同様にOpen site SSHにて、

# which php
/usr/local/bin/php

あとは、これをcrontab -eで設定してあげればOKです。

本当に動いているかチェックしたい場合

crontab -e にて下記を書き込むと、/usr/local/bin/log.txtに1分ごとにhelloと書き込まれるため、動作を確かめることができます。

*/1 * * * * echo "hello" >> /usr/local/bin/log.txt

動いていない場合の再起動方法

なんかログ出て無くない?となった場合(例えばいきなりの停電での再起動…等)はOpen site SSHより下記コマンドで再起動させます。

# /etc/init.d/cron restart

crondではなく、cronでした。

参考サイト

https://localwp.com/community/t/setup-crontab-to-run-wp-cron/4438/3

https://qiita.com/yukibe/items/cd5b59122804223698d0